サイトマップ

オリックス銀行カードローンでおまとめローン

借り入れが複数の件数になってしまった方は、オリックス銀行カードローンのおまとめローンを考えてみましょう。おまとめによる一本化が出来れば、今よりも楽な返済でオリックス銀行カードローンでの利用が出来ますので、完済を目指した効率的な支払いが出来るようになります。

 

金利の低下もおまとめローンなら期待が出来ますので、借り入れ件数が増えてしまって返済で困っている方は、オリックス銀行おまとめローンの検討をしてみるべきです。

 

 

おまとめローンは総量規制外!?

総量規制と言う言葉をご存知でしょうか?2010年6月に施行された改正貸金業法で定められた規定で、年収の1/3を超える借入は出来なくなったのです。例えば、年収300万円の人は、その1/3である100万円までしか借入出来ないのです。

 

では、次のケースだとどうなると思いますか。2010年1月に消費者金融会社から150万円の追加融資をうけました。それまで既に、他の消費者金融会社で60万円の借入があったとします。2社の合計は210万円となっています。何とか4年間の返済で110万円になっています。

 

ここで、返済を1本化して楽になりたいとか考えて、おまとめローンに申込む事にしました。年収は300万円、総量規制では100万円までしか借入出来ません。さて、このケースだとおまとめローンは無理だと思いますか?答えは、「申込み出来ます」なのです。

 

もともと、総量規制は貸金業法で規定されているだけで、対象は消費者金融会社と信販系(クレジットカード会社)のキャッシング枠に限られます。なので、銀行は対象外となるのです。

 

おまとめローンで有名なのは、東京スター銀行です。テレビCMも沢山流してますからね。ほら、銀行でしょ。総量規制に関係ない銀行だから出来る事でもあるのです。しかし、中には消費者金融会社でもおまとめローンを扱っている会社もあるのです。アコム・プロミス・アイフルが取り扱っています。

 

んっ?おかしいじゃないですか!?そうおかしいですよね。総量規制は消費者金融会社に適用されるのに、なぜ消費者金融会社がおまとめローンで、貸付できるのか?それは、おまとめローンに限って消費者金融会社であっても総量規制の対象外となっているからなのです。

 

「借主の優位になる貸付については、総量規制の対象外とし年収の1/3を超える貸付が出来る」となっているので、消費者金融会社でもおまとめローンに限って、年収の1/3を超えても大丈夫なのですよ。

 

銀行と消費者金融会社どちらがお得なのかは、各商品の金利などを比較して決めて下さい。ただ、単純に金利で比較をするならオリックス銀行カードローンが有利なのは明白ですので、以下のリンク先も参考にしてみると良いでしょう。
オリックス銀行カードローン審査期間

 

ネット系のカードローンを利用するメリット

ネットで発行出来るカードローンを利用するメリットは、基本的に低金利であることです。銀行が提供しているカードローンは多数ありますが、ネットの銀行は割と低金利となっています。地方銀行はこれよりも高い金利に設定することが多く、一番低い数字こそ同じですが、中間の利用額だと高めに設定されることになります。

 

ネットの場合、カードローンの金利はブロックごとに設定されるような形ではなく、会社側が自由に設定をすることになります。中間の利用額だと金利が低くなるのは、指定した金利が存在しないことも理由です。ある程度のラインこそ決められていますが、それ以上の数字にならないので、比較的低く設定されることが多いです。

 

一方地方銀行の場合、利用限度額に対してこれくらいの金利が適応されることは決まっています。また保証会社によっても大きく金利が変更されることとなり、かなり金利が上昇するケースもあります。中間の利用額ではどうしても金利が高くなり、200万以上で10%を超えることも多々あります。ネットとの違いはここにあるのです。

 

低金利で利用したいと考えているなら、ネットから申込みのできる大手を利用するといいです。有名だからこそ出来る金利サービスはとても使いやすいものとなっています。
イオン銀行カードローンは低金利